黒井緑朗のひとりがたり

きままに書きたいことを書き 云いたいことを云う

歌舞伎/能

四月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

歌舞伎座第三部の『ぢいさんばあさん』が「珠玉の」という言葉のふさわしい傑作である。派手ではないがよくできた戯曲で、いわゆる新歌舞伎とよばれるジャンルの作品のなかでは比較的よく上演される。しかし役者によってこうも印象がかわるものかとあらため…

四月大歌舞伎第一部(歌舞伎座)

歌舞伎座の第一部は、映画やドラマ、舞台などでもおおくの作品が作られてきた天一坊のものがたり。休憩をのぞいて約二時間、通し狂言としては短めではあるがなかなかちょうどよい構成で楽しめる。ここしばらく猿之助はいくつもの作品において、三部制の制約…

四月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

四月の歌舞伎座は、桜の季節にふさわしい演目がならんだ。第二部は松本幸四郎による二度目の『荒川の佐吉』と、きわめてめずらしい所作事『時鳥花有里』の二本立て。 『荒川の佐吉』はいうまでもなく真山青果の代表作のひとつ。真山青果の歌舞伎はどれをとっ…

三月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

三月歌舞伎座の第二部は『河内山』と『芝浜』の二本立て。 『河内山』を片岡仁左衛門が東京で演じるのは、平成二十四年の新橋演舞場での勘九郎襲名興行以来ということで、じつに十年ぶり。河内山の演じかたにはおおきくわけて愛嬌で見せる型と、悪の凄みをき…

『近江源氏先陣館-盛綱陣屋-』(国立劇場)

国立劇場の『盛綱陣屋』の初日を観る。直接教えを受けたということではないらしいが、亡き岳父・吉右衛門の得意とした時代物の大役に尾上菊之助がいどむという、次世代の歌舞伎を考える意味では必見の舞台。期待以上に見ごたえのあるものになっていた。 菊之…

二月大歌舞伎第一部(歌舞伎座)

二月歌舞伎座の第一部は『元禄忠臣蔵』のなかでも屈指の名作「御浜御殿綱豊卿」である。この演目はいまでは片岡仁左衛門が傑出しているが、今月の中村梅玉の演じる綱豊卿は、仁左衛門のそれとはまったくことなるもうひとつの規範とも言うべきもので、中村梅…

二月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

歌舞伎座第二部は、片岡仁左衛門一世一代と銘打っての『渡海屋・大物浦』である。中村吉右衛門亡きあと、義太夫狂言において無二の存在となった仁左衛門のこのうえなく充実した芸が、感動的な舞台をつくりあげていた。それは、古典と現代性の融合をめざして…

二月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

二月歌舞伎座の第三部は、二十九年ぶりの上演となる『鼠小紋春着雛形』が面白い。現代的な魅力にあふれている尾上菊之助初役の鼠小僧をはじめ、見ごたえある舞台になっている。 菊之助の鼠小僧(幸蔵)は、一歩間違えば薄情に見える。百両という金をだまし取…

寿初春大歌舞伎第一部(歌舞伎座)

新春の歌舞伎座第一部は、なかなか爽快な『一条大蔵譚』を堪能した。 中村勘九郎の大蔵卿は阿呆を見せながら、しかしそれが笑いにこびすぎておらず嫌味がなくてよい。「桧垣」の引っ込みにおける花道七三での顔隠しも、さらり扇をひらき流れるように自然にみ…

寿初春大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

新春の歌舞伎座は正月らしい演目がずらりとならび、その出演者の顔ぶれも若い世代でにぎわっている。 『岩戸の景清』は『難有浅草開景清』で「ありがたやはながたつどうあけのかげきよ」と読ませる外題。もとは『難有御江戸景清』という河竹黙阿弥の芝居だが…

十二月大歌舞伎第一部(歌舞伎座)

師走の歌舞伎座の第一部は市川猿之助の『新版伊達の十役』である。 三代猿之助四十八番の内とあるが、いうまでもなく先代猿之助の『伊達の十役』は本来は4時間を超えるものであり、今月のように2時間あまりの限られた枠で上演される演目ではない。おのずとカ…

吉例顔見世大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

歌舞伎座第三部の『花競忠臣顔見勢』は、いくつかの意味で意義深いものであった。 まず、コロナウィルスの感染対策のために出演者たちは、三部にわかれた各部をかけもちして出演することができない。そのため、いくつもの幕にわたって出番のある役を必要とす…

『一谷嫩軍記』(国立劇場)

霜月の国立劇場は『一谷嫩軍記』より「御影浜」と「熊谷陣屋」の二幕。毎年のように上演される「熊谷陣屋」だが、後半に登場する弥陀六がどのようにして陣屋を訪れるにいたったか、それをえがく「御影浜」の場が上演されるのはめずらしい。なんと四九年ぶり…

吉例顔見世大歌舞伎第一部(歌舞伎座)

顔見世と銘うった霜月の歌舞伎座第一部は『神の鳥』から。6年前に兵庫県豊岡市の永楽館でおなじく片岡愛之助と中村壱太郎によって初演された新作が、数年後の再演をへて歌舞伎座版として手をいれて再々演となる。 幕が開くと一面の浅葱幕。奴たちの渡りゼリ…

十月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

歌舞伎座第二部の三日目。 『時平の七笑』は松本白鸚の藤原時平。 以前も書いたが、この数年での松本白鸚の初役への挑戦ぶりには頭が下がる。二〇一九年に『一条大蔵譚』大蔵卿を四十七年ぶりに演じて大成功したあたりから、昨年三月には『沼津』の平作(こ…

十月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

歌舞伎座の第三部初日を観る。 『松竹梅湯島掛額』は前半はばかばかしいほどのドタバタ喜劇、後半はうってかわってシリアスな人形振りと、ある意味でいかにも歌舞伎らしい演目。 「吉祥院」では誕生日(この日は菊五郎の誕生日)をはじめとする内輪ネタから…

九月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

話題となった九月歌舞伎座の第三部、片岡仁左衛門と坂東玉三郎による『東海道四谷怪談』の千穐楽を観る。 今回は「浪宅」から「隠亡堀」だけというもっともシンプルな上演。三十八年ぶりというこのふたりの『四谷怪談』は、忠臣蔵外伝という世界も、鶴屋南北…

七月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

七月歌舞伎座の第二部は二演目。『鈴ヶ森』にダブルキャストで出演予定であった中村吉右衛門はまだ療養継続中ということで休演、回復をこころから祈るばかり。 『身替座禅』の山蔭右京を、78歳の松本白鸚が初役で演じる。白鸚は70歳をすぎてからも初役や数十…

七月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

歌舞伎座第三部は『鳴神不動北山櫻』の三年ぶりの上演。そして、團十郎襲名が延期になった市川海老蔵の、二年ぶりの歌舞伎座出演でもある。その初日を観る。 海老蔵が現在のかたちにまとめあげて上演してから七回目の上演となるが、前回までは四時間を要する…

六月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

六月大歌舞伎の第三部は『京人形』と新作の『日蓮』の二本立て。 『京人形』は白鸚の甚五郎が面白い。 白鸚の所作は「幸四郎風」「白鸚風」としか言いようのない独特の動きが特徴だが、その小気味のよいクイックの効いた所作が自然にユーモラスな空気をつく…

六月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

今月の第二部は、四月に前半が上演された『桜姫東文章』の「下の巻」である。 なかなか収束しないコロナウイルスの影響のなか半数に減らされた客席は、片岡仁左衛門と坂東玉三郎の当たり芸を観ようとおおくの観客で埋まっていた。 幕が開く前に、口上があり…

四月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

第三部は、片岡仁左衛門・坂東玉三郎のふたりによって『桜姫東文章』が上演された。この組み合わせでは数十年ぶりとなり、いわゆる「孝玉コンビ」として伝説となった舞台ふたたびということで、初日があけるまえから話題になっていた。ただし今月は発端の「…

四月大歌舞伎第一部(歌舞伎座)

四月大歌舞伎は『小鍛冶』から。能の『小鍛冶』をもとにした舞踊劇で、歌舞伎演目としては1997年以来ひさびさの上演。澤瀉屋ゆかりのこの作品、シテである童子実は稲荷明神を市川猿之助、小鍛冶を市川中車が演じる。 幕があがり一面の紅葉という季節感のなさ…

三月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

第三部のはじめは中村吉右衛門が石川五右衛門を演じる『楼門五三桐』である。 秋以降、手術をするなど本調子ではない吉右衛門だが、本来のベストコンディションにはまだまだ戻っていないようだ。しかしそれでも五右衛門にもとめられるおおきさ、手強さといっ…

三月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

その見事さを言いあらわすために「奇跡的だ」などという月並みな言葉をもちいることさえためらわれる舞台に出会うことがあるが、今月の歌舞伎座の『熊谷陣屋』は、やはりそれでも「奇跡的だ」と言わざるを得ない感動的なものだった。 それは、熊谷直実を演じ…

二月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

歌舞伎座の第二部は、ひさしぶりの片岡仁左衛門・坂東玉三郎の共演が話題の二演目。 『於染久松色読取』は二〇一八年三月におなじ玉三郎のお六、仁左衛門の喜兵衛で上演された。「莨屋」「油屋」の二場の前に、今月は「妙見」の場がつけくわえられた。全体に…

寿初春大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

年が明けた歌舞伎座は、先月までの四部制をあらため三部制となった。それぞれ短い休憩をはさんで二演目づつ。第二部の初日を観る。 『夕霧名残の正月』が意外といっては失礼ながらなかなかのよい舞台である。 ひとつには、昨年十一月に亡くなったばかりの坂…

十二月大歌舞伎第三部(歌舞伎座)

師走の歌舞伎座にならんだ演目のうち、唯一の義太夫狂言が第三部の『傾城反魂香』いわゆる「吃又」である。台本・演出の完成度もたかく、おおくの名優が素晴らしい舞台をのこしてきた名作。 猿之助の女房おとくはこれまでにも、松本白鸚や中村鴈治郎を相手に…

十二月大歌舞伎第二部(歌舞伎座)

新型コロナウイルスに翻弄された今年ものこるところひと月。師走の歌舞伎座も再開以来の四部制である。その第二部をまずは観る。 『心中月夜星野屋』は二年前の納涼歌舞伎に初演された新作歌舞伎。昨年は金丸座で、そして今年は歌舞伎座でと、新作としては異…

十一月歌舞伎公演第一部『俊寛』(国立劇場)

国立劇場第一部は吉右衛門の『俊寛』が「清盛館」つきで上演。 いつもは「鬼界ヶ島」の場のみの上演だが、俊寛が流刑の島にひとりで残る決心をするきっかけとなる妻・東屋の悲劇を「清盛館」で見せておくことで、いっそうドラマの構造が明確になる。のちに瀬…