黒井緑朗のひとりがたり

きままに書きたいことを書き 云いたいことを云う

六月大歌舞伎夜の部(歌舞伎座)

五代目中村時蔵が初代中村萬壽に名をあらため、『山姥』でその披露となる。近松門左衛門の『嫗山姥』は八重桐の廓話で有名だが、そこから派生したもの。のちの坂田金時になる怪童丸とその母・八重桐(山姥)とを主役に据えた常磐津舞踊である。

萬壽の山姥は、きわめて端正でさらりとしているのがいかにもこの役者らしい。息子や孫たちの襲名披露のためでもあるまいが、名前がかわってもこの持ち味は健在。吉右衛門らと一座していたときはその淡白さが物足りないと思うこともあったが、のちに菊五郎劇団の面々と恒常的に共演するようになってからは、それがかえって生かされているように思われる。誤解を恐れずに言えば、若い頃からどこか「枯れていた」役者。近年好演した「山の段」の定高のようなおおきな役でまたあたらしい境地を見せてほしい。

怪童丸の梅枝は初舞台とは思えないほどじつに豪快、見ていて気持ちがよい。芝居が好きというだけあって、よく先輩たちの舞台を見てイメージが明確にあるのだろう。どんな役者になっていくのか、とても楽しみだ。

劇中に藤原兼冬役の尾上菊五郎の主導で、襲名披露の口上あり。萬壽、時蔵、梅枝の三代とともに、中村獅童の子息・中村陽喜と中村夏幹の初舞台のお披露目がなされる。菊五郎は足が悪いからか、中村歌六、又五郎、錦之助らとともに二重舞台の上からの挨拶ではあるが、幕切れで笏を高く掲げて右足を出した姿は見事なまでに絵になっているし、なにより一座の誰よりも声がとおって自在である。

 

『魚屋宗五郎』を中村獅童が初役で演じているが、尾上菊五郎から教えを受けたというその宗五郎がなかなかの見ものだ。山田洋次演出での新版『文七元結』ではその芝居のたしかさは充実していても、いささか勢いにまかせた乱暴さが目立っていた。今月の『魚屋宗五郎』では古典的な世話物らしい様式感があり、そこに獅童ならではの「間のよさ」がくわわっている。

酒を飲むまでの序盤は、とくにていねいである。セリフのリズムといい、きっぱりとした江戸っ子らしい所作といい、菊五郎から学んだであろう黙阿弥らしさに満ちている。酒を飲んで酔っていくくだりは未整理なところもあるが、酔いの進みかたが新鮮で、これは後述のような獅童ならではの試みのあらわれか。「なんで殺しやがった」と酒樽を右手持って向こうを見るかたちがあざやかにきまり、思わずハッとさせられる。花道七三へ駆けだしていく姿は、グロテスクな現代舞踊をみるかのようなおもしろさ。

磯部邸玄関際での「酔って言うんじゃございませんが」の有名なくだりは、菊五郎味がうすれ亡き勘三郎が顔をのぞかせる。言葉が熱をおびてくるが、獅童的勢いよりも世話物らしいセリフの構築性があるのがよい。ここで「酔ったから言うんじゃねえ……が、酒の力を借りてやってきたんだ」と言うが、このセリフに今回の宗五郎を透徹する性根があるように思われた。飲まずにはいられないと酒を飲み、大酔した結果として磯部邸で本心をぶちまけてしまうというのが本来だ。しかし獅童の宗五郎は、磯部邸で言いたいことを言う「ために」絶っていた酒を飲んで大酔するように見えるのだ。おなじことのようで目的と手段がまるでちがう。これが宗五郎が不自然なほど酔うのがはやいなと思ったこととつながる。先人たちのやりかたをていねいになぞり、それでいてドラマをより現代的なものにする可能性をひろげた獅童の、再演がまた楽しみだ。

まわりの役々もきわめてよい。女房おはまを演じるのは中村七之助。芝居のうまい七之助らしく細部までよく考え抜かれているが、それでいていっさい主役の獅童より出過ぎることがない。宗五郎の父・太兵衛は河原崎権十郎。セリフは明確だが古典的な世話物のスタイルを失わないのはさすがで、手強さを感じさせ好演。おなぎを演じる片岡孝太郎は花道から出た歩み、戸口から家のなかをうかがうその後ろ姿だけで、まずもって亡くなったお蔦への思いが見えて秀逸。「このようなことと知ったなら」と酒を持ってきたことを詫びるセリフも、笑いをねらわない自然な言いかたが結果として笑いを生むうまさも。彼らのテンポのよい応酬が耳にも目にも心地よい。

磯部邸になってからも好配役にめぐまれている。獅童の戦友たる名手・澤村國矢の典蔵は敵役たる手強さと憎々しさを出し秀逸。家老・浦戸十左衛門は坂東亀蔵で、こういった役をやらせたら今日右に出るものはないだろうという折り目正しさ。磯部主計之助を演じる中村隼人は、いささか二枚目を作りすぎているような気もするが、手をついて宗五郎夫妻に謝るその真摯さはよい。ここが説得力を欠けば、妹の死を見舞金をもらって解決という浅い結末になりかねないからである。

やはり黙阿弥の世話者は出演者のアンサンブルで生きる。江戸や明治の空気感が失われていく(それは避けようのない事実だ)なかで、それでもこういった演目が観客を楽しませるのはそのあたりである。